いろいろある自動車保険のタイプと役割

いろいろある自動車保険のタイプと役割記事一覧

自動車を購入すると毎年数十万円を超える維持費が必要になり、維持費用が安い軽自動車であっても数万円の負担はかかってきますが、その維持費用の中で高めになっているのが自賠責保険と呼ばれる保険料の支払いです。自賠責保険の特徴は?自賠責保険の特徴は一定の保険料の支払いという点で、過去の事故歴などの関係なく同じ金額を支払うため任意の自動車保険とは保険料の仕組みが根本的に異なっていますが、自賠責保険はもしも事故...

自動車の運転をしていて事故を起こしてしまった場合に自動車保険への加入がなくても一定の保障を受けることができるようになっていますが、これがいわゆる自賠責保険と呼ばれるタイプの保険で運転をする以上は必ず加入が義務付けられています。そんな保険に加入してないという人もいるかもしれませんが、車検の時に大抵は支払われているので本人は気付かない間に保険加入しているのが普通で交通事故を起こした場合でも最低限は保障...

自動車を運転する場合は2年に1度ほど車検を受ける必要があり、この車検というのは人間で言うところの健康診断のようなもので走行性能の問題がないかということや車としての機能性などをチェックするものですが、同時に重量税や自賠責保険などの費用も支払っています。車検=自賠責保険加入自動車の維持費用が高い理由の一つにもなっていますが、車検を受けていれば問題なく自賠責保険で保障を受けることができるものの、車検を受...

自動車保険は大きく分けて任意で加入することができるタイプと加入が強制的に義務付けられている自賠責保険がありますが、一般的にいう自動車保険は前者の任意タイプの方で実に7割以上の人が加入して交通事故に備えていると言われています。自賠責保険に加入しているにも関わらず任意の保険に加入するのは自賠責だけでは十分に保障を受けることができないことが関係していますが、任意の自動車保険だと自分で予算を決めてそれに応...

自賠責保険に加入することによって受けることができる保障は上限で3000万円となっていて、これだけも十分な保障ではないかと思う人も中にはいるかもしれませんが、死亡事故や障害を残すような事故になってしまうと賠償にかかる金額は数億円単位になることがあります。保障額はプランで異なる自賠責保険の自動車保険だけでは十分な保障を受けることができないという理由から任意の自動車保険に加入をして備える人が多いわけです...

任意の自動車保険に加入することによって交通事故を起こしてしまい賠償額が数千万円から数億という単位になった場合でも被害者となる相手に対して保障を受けさせることができますが、自賠責保険だと上限で3000万円という保障額が最初から決まっているので不安に感じる人は少なくありません。保険料の違いちなみに自賠責保険に加入して保険を適用したとしても保険料が上がることはなく一定ですが、任意の自動車保険については交...