自動車保険料の掛け金とその仕組み

変動する自動車保険料の掛け金とその仕組み記事一覧

任意の自動車保険に加入することによって交通事故を起こした場合に被害者となる人が出てしまい、その人が亡くなってしまった場合や後遺症が現れた場合でも保障を受けさせることが可能で自賠責保険の適用範囲外のカバーをすることが本来の目的でもあります。自賠責保険については一定の保険料になるので特に支払う金額の変動については気にする必要はありませんが、任意の自動車保険になってくるとちょっとした要素ですぐに掛け金が...

交通事故を起こす年齢として若年層が多いと言われていますが、特に10代の後半から20代の前半は事故を起こす確率が高い年齢層とも言われていて若い年齢であるにも関わらず数億円という賠償金の支払い義務を背負うケースもあります。なぜ、この年齢層に交通事故が集中しているのかという疑問に対しての答えは運転の未熟さが理由としてありますが、運転免許を取得してから時間が経ってないことに加えて若いうちは勢いやその場の空...

自動車保険に加入を検討している人の中には保険料の高さが理由となって加入の判断ができないままでいる人も少なくないと思いますが、プランによっては年間で10万円を超える保険料になってくるので加入に躊躇するのは当然と言えば当然です。特に若年層になってくると事故のリスクが高いことから保険料は高めに設定されており、充実した保障をつけようとすると年間で20万円を超える保険料になることも珍しくありませんが、新しい...

最近は車の安全装置の技術もかなり向上しており、エアバックやABSはもちろんのこと自動でブレーキをするシステムなども普及しつつありますが、これらの安全装置は自分の身を守る上で非常に重要な役割を果たすことになります。安全装置は割引対象になる安全装置があったおかげで怪我の程度が軽くて済んだというケースになることも十分に考えられますが、自動車保険では安全装置が装着されている自動車について保険料を安くしてい...

加入している自動車保険を切り替えるタイミングとして新しい車を購入するケースが多いと思いますが、自動車保険というのは人が加入するものではなく基本的には自動車が加入するものなので、新しく車を購入した場合に古くなった車の自動車保険をきちんと切り替えておかないと新しい車で事故をしても保障を受けることができません。車種によって保険料が変わるのは何故?切り替え自体は新しい車を購入することが決まり、納車する日が...

自動車保険はいろいろある保険サービスの中でも特に相場が把握しにくい保険サービスになっていますが、年齢や過去の事故歴、付帯させる特約やプランによっても保険料が変わるので保険選びに悩む人は少なくありません。毎月の誤差は多くなくても自動車保険というのは数年から数十年というスパンでかけ続けるものなので、たとえ500円の違いでも10年間で見ると6万円くらいの誤差になることを考えると安くて保障が充実している自...